口コミで評判の札幌の人材派遣会社を人気ランキングでご紹介!【お仕事の人材紹介を受けたい方におすすめ!】

ボーナスが出る札幌派遣会社はある?

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/09

同じ職場で同じ仕事に就いていても、身分によって待遇が違うケースがあります。その1つがボーナスの有無です。正社員には支給されるのに派遣社員には支給されないことがあります。ここでは、なぜこのようなことが起きるのか、そして派遣社員でもボーナスが支給されるケースはあるのかについて考えていきます。

そもそもボーナスとはどのような性格のものか

派遣社員とボーナスの関係について見る前に、まずはそもそもボーナスとはどのようなものなのかということについて整理しておきます。ボーナスは毎月定例的に支払われる給与とは別に支払われる一時金のことで賞与とも呼ばれています。欧米諸国では、本来は企業や社員個人がめざましい業績を上げた場合などに支給される報奨金を意味していました。

その点はわが国でも基本的には同じなのですが、日本にはもともとお盆の時期や年末年始など、出費が多くなる時期に生活保障的な意味合いを持つ一時金を支給する習慣が江戸時代の商家などにありました。つまり、今の言葉で言えば業績に関係なく「年間総収入」の中に組み込まれていたわけです。

現代でもこのシステムはある程度踏襲されており、ニュースなどで見る限り大手企業などでは労使交渉の際に「基本給のベースアップ何%、賞与何か月分で妥結」といった具合に、給与体系に組み込まれる形で支給することがあらかじめ定められています。

給与に関する規定は相手先でなく派遣会社のものが適用される

多くの企業では正社員に対してあらかじめ支給することが決まっているボーナスですが、では派遣社員に対してはどうかというと、結論から言えば派遣社員でボーナスがもらえる職場はほとんどありません。札幌派遣会社の運営するウェブサイトで求人情報を検索しても、待遇欄に「賞与あり」と記載されているケースは極めてまれです。 派遣社員の場合、働いた分の対価はまず相手先の企業等から派遣会社に経費として支給されます。

そしてその中から派遣会社がそれぞれの規定に基づいて社員に給与を支払います。札幌派遣会社にあっては、というかこれは全国的な傾向ですが、大半が時給制で、それ以外にボーナスを支給する規定を設けているところはまずありません。

このことは、見方を変えれば時給の中にボーナス分も含まれているということもできます。というのも、たとえば就労期間が1年間であれば、その間に受け取るべき「年間総収入」を総労働時間で割ったのが時給単価になるからです。つまり、正社員であれば毎月の給与とは別に受け取る額が、基本給の中に含まれていることになります。

派遣社員でもボーナスがもらえることがある

原則としてボーナスが支給されない派遣社員ですが、少数ではあるものの例外もあります。その1つが「報奨金」という本来の意味での一時金が出るケースです。札幌派遣会社の求人では、営業職や販売職などにこの例が見られます。すなわち、一定期間内の営業成績が良かった場合、その成績に応じて派遣会社からではなく派遣先の企業等から特別にお金が支払われるというものです。

もう1つは、いわゆる紹介予定派遣です。札幌派遣会社の求人情報で、「賞与あり」をキーワードにして情報検索してみると、ヒットする求人の大半はこのケースです。紹介予定派遣の場合、一定期間働いた後に社員と相手先の企業等が合意すれば、正社員や契約社員などに登用される途がひらけます。

そうなれば当然、その企業等において運用されている給与規定に基づいて、ボーナスが支給されることになります。登用される前、つまり派遣社員の身分のままでは支給されることはありませんが「ボーナスの出る職場で働きたい」という希望を持っているのであれば選択肢の1つとなります。

 

派遣社員にボーナスが支給されるケースは極めてレアです。ただ、確かにまとまったお金を一時的に受け取れるのは便利なシステムですが、月々の給与にあらかじめ含まれていると考えれば決して損をしているわけではありません。




サイト内検索
記事一覧