口コミで評判の札幌の人材派遣会社を人気ランキングでご紹介!【お仕事の人材紹介を受けたい方におすすめ!】

派遣社員と契約社員はどう違う?それぞれの特徴を確認しよう

公開日:2022/03/15  最終更新日:2022/03/18


雇用形態には、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイトなどがあります。そのなかでも派遣社員と契約社員の違いについては、よくわからない方も多いのでは。派遣社員と契約社員の共通点は、労働契約であらかじめ雇用期間が決まっていることです。その他は違う点が多いので、派遣社員と契約社員の違いとそれぞれの特徴などを確認していきます。

派遣社員と契約社員の違い

派遣社員と契約社員でもっとも違うところは、雇用契約を結ぶ相手(雇用主)です。派遣社員の場合は、まず派遣会社に登録します。登録後、派遣会社から紹介された会社に就業が決まった時に、派遣会社と雇用契約を結ぶのです。業務上の指示は、派遣先企業から受けますが、給料は派遣会社から受け取ります。一定の条件を満たしていれば、社会保険も派遣会社で加入することが可能です。

また派遣社員は、細かい業務内容が契約で決まっているため、専門性をいかした働き方ができるといえるでしょう。契約社員の場合は、正社員と同じように勤務先と直接労働契約を結び、給料も勤務先から受け取ります。企業によっては、さまざまな業務を担当することもあり、契約社員とはいえ正社員に近い仕事内容となるケースもあります。一定の裁量がある仕事を任せられる場合もあるようです。

派遣社員のメリット・デメリット

派遣社員は、派遣会社が仕事を案内してくれるところがメリットです。これまでの経験やスキル、保有資格、希望条件などに合った仕事を探してくれます。自分で求人情報から仕事を探し、応募書類を用意し、面接を受けるなどをしなくてよいため、効率的に転職活動を進めやすいといえます。

また、仕事上で問題が発生した場合は、派遣会社が間に入り調整してくれるところもメリットです。契約期間が終了した後は、次の仕事の案内をしてもらえるので、一から仕事探しをしなくてもよいところは派遣社員の大きなメリットでしょう。

派遣社員のデメリットは、雇用契約に3年の上限があることです。3年が経過する時点(抵触日)以降は、同じ派遣先企業で同じ業務で働き続けることはできないという決まりがあります。派遣先企業が、同じ派遣社員を3年以上継続して働かせたい場合は、直接雇用契約を結ばなくてはなりません。派遣先企業と派遣社員の双方が契約を続けたい場合でも、直接雇用契約を結べない場合は、契約を終了することになります。

契約社員のメリット・デメリット

契約社員のメリットは、正社員と同じようにさまざまな業務を担当できることです。一定期間契約社員として働き、経験とスキルを身につけて次のキャリアにいかすこともできます。また契約内容によっては、正社員に登用されるチャンスもあるのが契約社員のメリットでしょう。

契約社員のデメリットは、契約社員としての仕事を見つけるのには、正社員の仕事を探すのと変わらない時間と労力がかかることです。自分で求人情報を探し、応募書類の準備や面接などの段階を経て採用となるかが決まります。雇用期間が決まっているため、社員への登用がされずに契約期間が終了した場合は、また始めから次の仕事を探すことになるのがデメリットです。

働くのなら派遣社員と契約社員のどちらがいい?

派遣社員と契約社員のどちらがいいかは、それぞれの違いをよく理解し、自分の将来の働き方やライフスタイルなどで選ぶとよいでしょう。自分のこれまでのキャリアをいかして専門性のある仕事をしたい場合、結婚していて転勤がある場合などは、派遣という働き方を選ぶのもよいかもしれません。

期間を選んで働けるという派遣社員のよさをいかせます。一定期間契約社員として経験とスキルを身につけて、次のキャリアにいかしたい場合は契約社員の方がいいでしょう。将来のキャリアプランが明確な場合は、契約社員を経て正社員をめざすこともできます。

 

派遣社員、契約社員のどちらにもメリット、デメリットがあります。違いをよく理解したうえで検討しましょう。ライフステージに合わせた働き方をしたいときは、派遣という働き方をおすすめします。また派遣会社がさまざまなフォローをしてくれるので、働きやすい雇用形態といえます。福利厚生も充実している派遣会社が増えてきているので、今後の仕事探しの際には、派遣社員という働き方も選択肢にいれてみるとよいでしょう。

サイト内検索
記事一覧