口コミで評判の札幌の人材派遣会社を人気ランキングでご紹介!【お仕事の人材紹介を受けたい方におすすめ!】

登録してはいけない危険な派遣会社の特徴とは

公開日:2019/02/15  最終更新日:2019/02/01

信用できない派遣会社は、近頃あまり存在しなくなったと考えられます。

しかしながらかつては、賃金が払われない、あるいは社会保険料がすべて派遣社員の負担といった会社が数多く見られ大きな問題になりました。

そして、今なお登録してはいけない危険な派遣会社はありますのでエントリーする前に会社の特徴を理解することは非常に重要になります。

しっかりとした求人内容が示せない会社は危険

まず第一に、派遣求人のためのウェブサイトに経験がない状態でも可能でかつ急募の業務内容のみ出している会社は信用できません。

全く人が集まらず、業務につく人が明白になっても派遣先の勤務場所の周辺環境が酷くてすぐ退職してしまう方が非常に多いことが想像つきます。

また、求人に関する情報の業務内容の記載が雑な場合も要注意になります。

アバウトなことしか業務の内容について並べられていないと、どういった業務につくのか想像することができません。

会社サイドが、派遣先にどういった業務の内容なのかヒアリングもきっちりとできないことがわかるので、以上のような求人募集を出している会社には登録しない方が望ましいといえます。

求人に関する情報の記載にミスがある会社は危険

求人のためのウェブサイトの情報には、勤務する時間それから休息時間、そして実働時間が全部載っているケースが多いといえます。

これを目にして、勤務する時間から休息時間を引いて実働時間になっていれば問題ありません。

しかしながら、見るからにこうした実働時間の計算を取り違えて求人に関する情報を載せている派遣会社がたまにあります。

きちんとした会社であればこうした実働時間の記載を取り違えて求人のためのウェブサイトに載せるようなことはしません。

そういったシンプルな実働時間の計算もきっちりとできずに、しっかりとチェックもしないで求人についての情報として記載しているような会社は危険な会社と考えられます。

求人募集をたくさん抱える大手会社であれば、場合によっては実働時間の記載の中身を誤ってしまうこともあるかもしれませんが、案件の多くない小さい会社や中小会社が記載を間違えて求人についての情報を記載している場合は、登録しない方が望ましいと考えられます。

子会社の派遣会社や事前面接を実施している会社は危険

人材系統の会社組織でない大会社の子会社の派遣会社ーひとつの例として大手製造メーカーの子会社などは登録しては駄目なわけではありませんが、取引相手の派遣先が親会社といったグループ会社ばかりであることから、業務面で成長するチャンスが少なく、派遣会社自体がスキルあるいは経験が不足するケースが非常に多いといえます。

親会社サイドから仕事を受けるのみならば他の派遣会社と張り合うことがないので、従業員の仕事に関しての取り組み方も、前向きな気持ちが沸かなかったりモチベーションに欠けることになりやすいといえます。

大会社の子会社の派遣会社だと取り扱っている案件も限られるので、その会社を介して業務につくのは1回限りのことが多くなります。

ですので、どうしても挑んでみたい業務内容がその会社にしかないケース以外は登録しなくて良いと考えられます。

また、不法行為の事前面接を行なっている会社は避けるべきといえます。

事前面接というのは、派遣先が就業する前に派遣社員に面接を行なって選考することであり、一般派遣に関しては派遣先でなく派遣会社サイドが勤める人を決めることになっています。

 

派遣の登録先が異なれば、業務の案件が大差がなくとも労働においての環境はがらっと違ってくるので、それほど派遣会社選考というのは大事になってきます。

ですから、登録してはいけない危険な派遣会社の特徴をしっかりと理解して適切な会社に登録することが重要になります。

サイト内検索
記事一覧