口コミで評判の札幌の人材派遣会社を人気ランキングでご紹介!【お仕事の人材紹介を受けたい方におすすめ!】

フリーターと派遣社員の具体的な違いとは?双方の特徴を理解しよう!

公開日:2021/10/01  最終更新日:2021/10/06

求職中の方の中には、「フリーターと派遣社員にはどんな違いがあるのだろう」「それぞれどんなメリットやデメリットがあるのだろう」といった疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。この記事では、フリーターと派遣社員の違いや、それぞれのメリットとデメリットについてもご紹介します。

フリーターと派遣社員の具体的な違いとは?

フリーターと派遣社員の違いをいくつか見ていきましょう。まず大きな違いとしては、雇用主が違うという点が挙げられます。フリーターは直接雇用なので勤務先の企業が、派遣社員は間接雇用なので派遣会社が雇用主となります。業務に関する規約や福利厚生の規定などについては、雇用主となる会社のものが適用されます。

次に、仕事を探す方法の違いですが、フリーターの場合は仕事探しから面接まですべてを1人でこなさなくてはなりません。一方、派遣社員は自分が希望する条件を派遣会社に伝えておけば、担当者から希望条件に近い求人を紹介してもらえます。

そして、働き方に関してですが、フリーターはシフト制や勤務時間を自由に決められるので、掛け持ちで仕事をしたい方におすすめです。任せられる仕事も比較的簡単なものが多く、正社員や派遣社員よりプレッシャーも少ないですが、その分給料が減ったり、社会保険に加入できなかったりして不安定になります。

一方、派遣社員は勤務時間や日数、勤務地など希望に近い条件で探せるので、プライベートと仕事を両立させやすいです。また、雇用主が派遣会社にあるので無理な要求をされる可能性が低く、仕事への安心感があります。

ただし、派遣社員には契約期間があり、契約を更新しても最長で3年までしか働くことができないという不安定さもあります。

フリーターとして働くメリット・デメリット

それではフリーターとして働くメリットとデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。まず、最大のメリットとしては、勤務時間や日数などを自由に選ぶことができ、掛け持ちでほかの仕事もしやすいという点が挙げられます。

また、未経験でもできるような仕事を任されることが多く、正社員に比べると責任が軽い仕事を担当するのでプレッシャーが少ないというメリットもあります。

何かほかにやりたいことがあり、そのためにお金を稼ぎたいという方や、自分がやりたいことが見つかっておらず、経験を積みたいという方もフリーターから始めてみるのもおすすめです。

反対にデメリットとしては、仕事が安定せず給料が少ない、勤務時間や日数によって社会保険に加入できないなどが挙げられます。自由に働ける反面、何かあったときに辞めさせられる確率が高いので安定性に欠けます。

また、社会保険への加入や福利厚生の適用などがない場合もあるので、契約時に確認しておく必要があります。また、社会的信用が低いというデメリットもあり、たとえばクレジットカードを作る際などに不利になってしまうこともあります。

派遣社員として働くメリット・デメリット

次に、派遣社員として働くメリットとデメリットについても見ていきましょう。まず挙げられるメリットとしては、派遣会社が仕事探しから就業後までサポートしてくれて、なおかつ残業や契約以外の業務をいわれることがほぼないという点です。

派遣社員の雇用主は派遣会社にあるため、派遣先の企業から契約以外の業務を頼まれても断ることができるのです。そのため、プライベートと仕事の両立が可能となり、未経験の方やブランクがある方でもサポートを受けながら安心して働くことができます。

ほかにも時給が比較的高いことや、研修や資格取得などの支援サービスがあるというメリットも挙げられます。

一方、デメリットとしては、一定期間ごとに契約更新があることや、仕事を紹介されないと収入がなくなるという点が挙げられます。派遣社員は同じ派遣先企業では最長3年までしか働けないと定められており、契約が切れてしまうと次の仕事が見つかるまで収入がなくなってしまうので、正社員に比べて安定性はありません。

 

フリーターにも派遣社員にも、それぞれにメリットとデメリットがあることがわかりました。自分にはどちらが向いているのかよく考えてから選ぶようにして、自分に合ったスタイルで仕事をしていきましょう。この記事が少しでも参考になれば幸いです。

サイト内検索
記事一覧