口コミで評判の札幌の人材派遣会社を人気ランキングでご紹介!【お仕事の人材紹介を受けたい方におすすめ!】

派遣会社を途中で辞める方法とは

公開日:2019/07/01  最終更新日:2019/05/20

派遣会社は、全国的に多数あり多くの派遣社員が働いています。

派遣社員については、システム上契約期間が確定しています。ですから辞める際には、契約されている期間満了まで勤務に就いて円満に業務終了するのがベストです。

しかしながら現実的には途中で辞職したくなってしまうことが在り得ます。

 

辞めたい場合最初に派遣会社に相談を持ち掛ける

派遣を辞職したいと考えたら、まずは派遣会社へと相談をおこなうことになります。

派遣会社の中にあっても、自分自身の担当者や営業担当に相談することができると、最適と言えます。 電話もしくはEメールなどで相談を持ち掛けても構わないのですが、可能であるなら面と向かって直接悩みを打ち明けることが推奨できます。

即座に是正案や処理を聞くことができますし、自分の考えやリクエストなどを取り違えて認知されてしまう危険性も減るからです。それに加えて、対面で言及すると顔の表情や言い回しからも感情を伝達できるため、切実であることが一層伝えやすいといえるでしょう。

 

直接派遣先に相談をおこなうのは厳禁

派遣を辞職したいとき、初めに派遣会社に相談を持ち掛けることが大事ですが、その時の判断で、派遣先に対して退職相談をおこなうのは、止めるのが得策です。当然、派遣会社に対して相談を持ち掛けた上で、指示に沿って派遣先に退職相談をおこなうのであれば何の問題もありません。

しかしながら、派遣会社が気がつかないままに、派遣先に対して相談をおこなってしまい、派遣会社に対しては事後報告となると、手間を取らせてしまうかもしれません。 時と場合によると、もめることになることから、自身の判断で派遣先に退職相談をしないようにしましょう。

 

退職相談は可能な限り早めに行うことが大事

派遣先の会社で業務につくことに苦痛を感じ取っているケースでは、できる限り早急に辞めると考えるかもしれません。 しかしながら、派遣会社に対して派遣先を辞める悩みを打ち明ける場合、可能な限りスピーディに相談を行ない、相談から辞職日まで、一定の日にちを設けることが重要になります。

一つの例として、前の日になっていきなり、派遣先の会社を辞めたいという相談をすれば、貴重な取引相手の派遣先の会社に迷惑を掛けますし、前の日では連絡なども間に合いません。 したがって悩みを打ち明けるときは、可能な限りスケジュールにゆとりを持つことが重要になります。

一般的に見て、現実に辞職したい日の1カ月前程度が最適と言われています。 今直ぐに辞職したい想いもわかりますが、一人の社会人として責任を負うためにも、退職相談は状況が許す限りスケジュールにゆとりを持ってしましょう。

 

派遣先の会社組織にもさまざまな企業があります。そして、場合によっては勤務をしづらい勤め先も見受けられます。辞職したいと感じたのなら、無理することは必要ありません。

しかしながら、辞職したいからという理由で、派遣先の会社組織に対して直に相談するのは止めるのが得策です。派遣については、派遣会社といった存在があるからこそ完結する雇い入れのスタイルといえます。こうした派遣会社をそのままにして話を進行してしまうと、さまざまなトラブルに巻き込まれることもあります。

派遣の仕事を辞職したいときは、社会人として責任を持ち派遣の業務を辞職するよう、きちんと相談を持ち掛け、もめごともなく辞職可能なようにすることが重要です。途中で辞める方法をしっかりと理解しスムーズに問題なく辞職することが非常に重要になります。

サイト内検索
記事一覧