口コミで評判の札幌の人材派遣会社を人気ランキングでご紹介!【お仕事の人材紹介を受けたい方におすすめ!】

派遣会社に正社員で働くメリットは?

公開日:2019/02/01  

派遣という雇用スタイルについては、派遣会社へと登録して派遣先の会社組織で業務につく登録型派遣というワークスタイルが通例です。

しかしながら、場合によっては正社員という形で雇用され、派遣社員という立場で勤務先において勤める常用型派遣というワークスタイルもあり多くのメリットがあります。

常用型派遣は安定した雇用を受けられる

常用型派遣については同一の派遣という雇用形式でも、登録型派遣と比較して安定性が見受けられます。

具体的には交通費が支給され、福利厚生が備わっているボーナスが出る可能性も高くなり、正社員ですから社会的信用があるのでローン審査にパスしやすいといえます。

さらに派遣先においての就業が終了しても失業しません。

福利厚生に関しては派遣会社のものを受けることになりますので、会社が大手である程充実しています。

登録型派遣は派遣先を踏まえての就業が終わった後次の仕事を紹介してもらうこともありますが、絶対に希望している条件の業務を案内してもらえるかはわかりません

登録型のケースでは、同一の会社で次なる仕事を案内してもらったとしても待機期間が生じ、なおかつこうした待機期間には報酬が供与されません。

就業先に変化があるごとに新たな形で契約を交わすことにもなり、どうしても変動が多くなってしまいます。

一方常用型派遣においては待機期もサラリーが供与されますし、派遣元との労働に関する契約は維持されます。

空白期間も含めて月給制でボーナスが支給される

派遣会社において正社員という形で採用されているケースでは、時給制でなく月給制にしてボーナスや昇給もあるというアドバンテージがあります。

休みの日が多い月では給料が少なくなってしまうといった懸念もなくなりますが、正社員型でなく無期雇用派遣については月給制とはなりません。

また、空白期間に関しても給料が払われ、常用型派遣にあたっては1つの派遣先を踏まえての就業が終了しても雇用に関する契約は継続されているのでサラリーは支払われます。

原則として間なくすぐ新しい派遣先にいく結果になるか、次なる仕事までは派遣会社に於いて業務につくケースが多いといえます。

大規模企業へ派遣されスキルや人脈が得られる

常用型派遣の非常に大きなメリットとして、様々な会社やフィールドの大きなプロジェクトに対して加わる好機があることです。

1つの企業に対してエンジニアという形で就職するケースでは、自分の会社の製品に関係するスキルを極めることが可能ですが、それに対して常用型派遣でしたら、数年ごとに異なる企業のまったく違うプロジェクトへと配属になることが多いです。

そのため、多種多様なスキルを会得することができ、マルチスキルのエンジニアという形で評価が受けられます。

それに加えて、ヒューマンスキルを会得すればたくさんの人脈を作り込むことも不可能ではありません。

とりわけ近年の傾向として技術系統の業種のケースでは、専門的なスキルのみならずヒューマンスキルを求めている会社組織は多く、ヒューマンスキルのとても高いエンジニアに関しては高評価されています。

以上のように様々な企業のプロジェクトへと参加しネットワークも広げることを通じて、メジャー企業へのキャリアアップが成功する場合があります。

 

最近注目されている常用型派遣で業務につくことは、多くのメリットがあります。

具体的には、雇用の安定及び待遇面が整備されており、常用型派遣ならば交通費支給昇給並びにボーナス退職金が支給される企業もあります。

さらに、産休や育休を取りやすいところも女性の方の味方といえるでしょう。

そして、常用型派遣についてはハイレベルな専門技能を有している人に推奨できるワークスタイルで、一つのプロジェクトを終えるごとに達成感を得ることができ、さらに新たな気持ちで異なる会社組織へ向かうことができます。

そして、色々なところで技能を発揮できることは、広範囲に及ぶ経験値を得ることができます。

サイト内検索
記事一覧