口コミで評判の札幌の人材派遣会社を人気ランキングでご紹介!【お仕事の人材紹介を受けたい方におすすめ!】

派遣会社で働くメリットとデメリットは?

公開日:2018/08/15  最終更新日:2019/02/19

派遣会社で働いて派遣社員という立場で勤めることを想定している方で、派遣社員という形で勤めることにはどういったメリットデメリットがあるのか理解したいという人も多いといえます。
柔軟性があり、多種多様なキャリアを積め、仕事を選択することができるなどの有益性がある一方で、派遣期間に上限があり、正規雇用社員と待遇が異なり、期間満了の可能性が高いといった留意すべき点もあります。

 

自由度が高く色々な経験が積めます

派遣に関しては、自分自身の希望している条件で勤務することができるというアドバンテージがあります。求めている生活環境にふさわしい職種や勤務する時間、勤務地といった必要な条件を設定して、仕事を見出すことが可能です。

直接雇用の正規雇用社員とは異なって派遣の業務の内容は契約の取り交わしによって定められるので、契約の締結以外の仕事は原則として生じることはありません。1つの例としてプライベートも大事に考えたい、育児のために家の近くで勤めたいといった要望がある人には望ましい勤務の仕方がしやすい所といえます。

それに加えて、様々な会社や勤め先を経験して技能アップ可能なのも派遣の長所です。1つの会社組織にずっと勤めると他の会社の状態が分かりませんが、派遣はベンチャーから大手まで広い範囲に亘る勤め先を経験できる機会があります。正規雇用社員として入社を行うことはとても難しい企業でも業務につく経験が積める可能性があります。

 

仕事を選択することができ会社に相談可能です

キャリアを活用した仕事を選択することができるのも派遣の素晴らしいところです。したがって過去のキャリアを活かした勤務場所を見出せるようバックアップしています。英語力を活用した勤務をしたいなど自分自身の専門性を活用したいと希望される場合、それにマッチする勤め先を選択することができます。

それに加えて、正規雇用社員や契約社員のケースでは、業務上の悩み事や不安をその現場の上司に対してぶつけることをためらう可能性があります。派遣であれば、業務の悩み事に関して派遣会社がサポートや助言をしてくれます。その他就業した後は会社が派遣先との間に入り支援してくれるので安心することができます。

さらに派遣会社は長期に亘ってのキャリアプランを考慮に入れるバックアップもしてくれます。将来において成し遂げたいことを相談すると、一人では考えつかないアイディアを提示してくれる可能性も考えられます。

 

派遣期間の上限や待遇面の開きがあります

また、色々なプラスの点がある一方で、あらためていうまでもなく、派遣に関してはデメリットもありますので、就業にあたり注意することが重要になります。

まず第一に、派遣で勤務し続けられる期間は3年の上限が存在します。会社が派遣社員の経験値アップの機会や束縛することがないよう、以上のような制限が確立されています。元々立場のあまり強くない派遣社員を保護するための取り決めですが、長い期間にわたって派遣社員として勤務したいと望まれている方、直接雇用によって起こる人件費という固定費を抱えたくない会社組織にとっては不都合なケースも多いです。

派遣で勤める場合は長いとしても3年しか同一の職場にいられないこと、平均して6ヵ月~1.5年で仕事が変わってしまう可能性があることを熟知しておくと良いでしょう。

 

派遣社員に関しては、弾力性がある、多種多様なキャリアを積める、事務スキルを活かしたいなど、希望の仕事を選択でき会社に相談できるなどといった様々なアドバンテージがあります。他方で、派遣期間の上限や正規雇用社員との待遇の違いなどのデメリットもあります。ですから、契約社員や正社員と見比べてみても派遣にはプラスポイントとマイナスポイントがあります。ですから、自分自身の生活設計にふさわしい勤務方法を選びましょう。

サイト内検索
記事一覧