口コミで評判の札幌の人材派遣会社を人気ランキングでご紹介!【お仕事の人材紹介を受けたい方におすすめ!】

派遣会社に登録を拒否される原因とは?

公開日:2019/03/15  最終更新日:2019/02/12

派遣社員という形で勤める場合には、通常の場合派遣会社へと登録をすることになります。

登録した後、希望している仕事を案内してもらいスタッフという形で派遣先に派遣されることになります。

しかしながら一部には登録を拒否されるといったケースもあります。

ですから登録を断られる理由について理解することが重要になります。

 

状況によっては登録を拒否されるケースがある

登録を希望している人からみれば単純に登録するだけですから、まさか断られることはないと想定している方も多いでしょう。

さらに派遣会社としましても派遣先に人材を送るからには、当然たくさんの多種多様なキャリアや技能を有する人材がいた方がいいと考えるのが自然といえます。

派遣先に対しての顔合わせで落ちるといった話しはよく見受けられますが登録を断られる場合は、稀ですがあります。

登録者によりましては派遣社員という形で業務につくに不適切とみなされ、断れることがあります。

まさか自分自身が登録を断られるとは考えていないので、後になって登録不可の通知が到達すると、動揺を隠せない方も多いと考えられます。

 

スキルやキャリア不足や希望条件で折り合わない場合

断られる理由としてまず、スキルや経験値が不足していることがあげられます。

経験がない状態でもできる仕事もありますが、即戦力が期待される場合も多いといえます。

仮に対象者があまりにも不足していた場合において、案内できる仕事が限られてしまうので断られるケースがあります。

また案内できる仕事がないときも断られる場合があります。

登録している人と職種のマッチングが困難だったり、希望している必要な条件に合致する仕事がない場合、断られることもありえます。

ひとつの例として登録している人の希望している条件があまりにも特定した職種であるとか、対象者の技能や経験値とかけ離れていた条件のケースでは断られる可能性があるでしょう。

 

年齢や職歴及び病気も要因になる可能性がある

年齢も拒否される要因としてあげられます。

普通の派遣会社においては高校生といった18歳未満については登録できないとなっている会社が少なくありません。

それに加えて40代以降は案内できる求人募集が少なくなってくる傾向があります。

したがって、年を要因に登録を断られるケースもあります。

さらに過去の職歴も可能性としてあります。

1つの例として職歴において仕事を短い期間に数え切れないくらい仕事を変えているような方であれば、至極当然に長続きしない人間の印象を持たれ易くなります。

経験がない状態を理由に断られることはあまりありませんが、転職歴が多過ぎるなどそれまでの職歴がよくないと派遣登録を断られる恐れもゼロとは言えません。

さらに会社によっては、従業員のクオリティーを一定レベル以上にキープするため、スキル並びにコミュニケーション力に欠けている従業員は、登録から排除することがありえます。

さらに1人の担当者がたくさんの従業員を抱えていることから、人員管理からも基準を達成できない従業員の登録を断る場合も考えられます。

さらに、既往歴が存在したり持病などを患っているケースで、登録を断られることもありえます。

疾病が影響を及ぼして断られるというのは、派遣会社から考えると突然の休み等で派遣先に迷惑をかける可能性もあるためです。

 

派遣の登録を拒否されるケースはごく一部であり、元来は登録を断られることは多くありません。

スタンダードな水準の技能を持ち、しっかりとした対応をしていれば、まず登録を拒否されることはないといえるでしょう。

仮に登録を断られたケースであっても、マイナスに考えないでその原因をしっかりと理解し、意欲的に別の派遣会社に対しての登録を考えることが非常に大事になります。

 

サイト内検索
記事一覧