口コミで評判の札幌の人材派遣会社を人気ランキングでご紹介!【お仕事の人材紹介を受けたい方におすすめ!】

将来は正社員へ!紹介予定型の札幌派遣会社がおすすめ

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/10

大都市である札幌には派遣会社がたくさんあり、どの会社に登録するかは自分の希望する業種や就業スタイルに合っているかどうかが重要なポイントとなります。たとえば、安定した身分で長期間働きたいと考えている人であれば、紹介予定派遣の求人情報を多く取り扱っている札幌派遣会社が適しています。

期間満了後は相手先企業等の社員になる

一般的な派遣就労であれば、まず派遣会社と人材を欲しがっている会社等との間で契約を取り交わし、その契約に基づいて派遣会社が自社に登録している社員を相手先に送り込み業務に従事させます。これを登録型派遣といいます。

登録型派遣の場合、社員が就労する期間は当初の契約で定められた期間のみとなります。もちろん更新することで引き続き同じ派遣先で働くこともありますが、期間の定めがある就労であることに変わりはありません。これは札幌派遣会社に限らず、全国どこでも同じです。

これに対して紹介予定派遣では、一定期間が経過すると当初の派遣契約が相手先との直接雇用契約に変わり、そのまま働き続けるかたちになります。つまり、期間限定の就労から期間の定めのない就労、すなわち正社員へと登用されるチャンスがあるです。契約社員など正社員とは別の職制になることもありますが、いずれにしろ同じ職場で長く働き続けるための身分を手に入れることになります。

将来のことをあらかじめ考えた上で働ける

紹介予定派遣は「予定」という言葉が入っていることからも分かる通り、将来は直接雇用に切り替わることを前提として派遣会社と相手先が契約を結び、派遣される社員もそのことをあらかじめ知った上で仕事に就きます。

つまり社員の側から見れば、紹介予定派遣で働きたい場合は事前にその旨を伝えておけばよいということになります。多くの札幌派遣会社ではコーディネーターやマネージャーといった職名を持つ人たちが配置されていて、登録社員からのそうした相談に乗ってくれます。

直接契約に切り替わるまでの期間は最長で6か月と決められていますが、実態はさまざまです。平均すると3か月程度に設定されるケースが一般的です。ただし、自動的に身分が変更されるわけではありません。

派遣契約期間が満了した時点で改めて協議を行い、社員と相手先の両方が合意した場合にのみ、正社員や契約社員としての雇用契約を結ぶことになります。見方によっては、派遣就労期間は一種の試用期間であるとも言えます。

職場環境との相性を事前に見極められる

紹介予定派遣は、長く安定して働き続けることのできる身分を手に入れられるということの他にも、社員にとってさまざまなメリットがあります。中でも大きな利点は、派遣就労期間を経ることで事前に職場の雰囲気や仕事の内容を知ることができるという点です。

いきなり直接雇用された場合、入社した後で「この職場は自分には合わない」と思ってもすぐに退社するというのはなかなか困難ですし、仮に辞めたとしてもすぐに就職活動を再開しなければ収入を得る手段を断たれてしまいます。しかし紹介予定派遣であれば、自分の希望と合わなければ期間満了後に別の派遣先を希望することも可能です。

また、札幌派遣会社から紹介予定派遣を受け入れている企業等の中には、直接雇用での中途採用を受け付けていないところもあります。つまりこのシステムを利用すれば、通常の就職活動では入社することのできない会社にも採用されるチャンスが生まれるということになるわけです。

 

紹介予定派遣による就労は、男女の結婚になぞらえていえば婚約期間に似ています。お互いの性格や好みなどを知り、パートナーとしてふさわしい相手かどうかを見極めます。上手に利用することで、新生活への移行をスムーズにすることができます。




サイト内検索
記事一覧