口コミで評判の札幌の人材派遣会社を人気ランキングでご紹介!【お仕事の人材紹介を受けたい方におすすめ!】

派遣社員が遭遇しがちなトラブル事例とは?対処法を事前に確認しよう!

公開日:2021/08/15  最終更新日:2021/09/22


ライフスタイルに合わせて柔軟に働き方が選択できる派遣社員は、子育て中の女性にも人気が高く、以前よりも家事・育児と両立しやすくなりました。しかし正社員とは違う働き方に戸惑い、トラブルにどう対処していいのか悩む人も多いのではないでしょうか。今回の記事では、派遣社員によくあるトラブル事例と対処法を紹介します。

派遣先で起こりうるトラブル事例

契約外の仕事
「事務の仕事だと思ったら、営業にも行かされた」「ゴミ出し、お茶入れ、倉庫の片付け…気づけばただの雑用係になっている」派遣社員は仕事を頼みやすく、少しのことなら断らないと思い込んでいる正社員もいるようです。契約と違う気がすると感じたら、すぐに労働条件明示書を確認しましょう。また、明らかに契約外だと思う仕事なら、遠慮なく断りましょう。

セクハラ・パワハラ
いまだに契約社員を差別する人は少なからず存在しているようです。契約社員は立場が弱いと思われがちですが、我慢せずにすぐに担当者に相談しましょう。

派遣先でトラブルが起きてしまった際の対処法

派遣社員にかかわらず、職場でのトラブルはつきものです。人間関係の悩み、仕事の内容や量、勤務時間など、あげればキリがないでしょう。正社員ならば同僚や先輩、上司に相談できることもありますが、契約社員となれば別問題。お世話になっている派遣先の方に相談してもよいものか、悩みは深まるばかりです。

まずは派遣元の担当者に相談してみましょう。トラブルの内容をなるべく冷静に訴えます。それでも「忙しい」「それくらいは誰でも経験する」などと相手にされないようなら、相談窓口の利用も検討してください。

派遣会社との間で起こりうるトラブル事例

派遣先のみならず、派遣元である派遣会社ともトラブルが起きることがあります。

登録したのに仕事を紹介してもらえない
派遣会社によっては案件をあまり抱えていないにもかかわらず、登録者の募集だけ継続しているケースや、少ないスタッフで運営していて仕事の紹介に手が回らないケースなどがあります。焦る気持ちはわかりますが、登録から数日は音沙汰がなくても連絡を待ちましょう。

有給休暇や産休・育休を取らせてもらえない
派遣社員であっても、有給休暇は付与されます。雇入れの日から起算して6か月間継続し、全労働日の8割以上の出勤をしていれば、有給休暇が付与されているはずです。付与された有給休暇は、取得する権利があります。納得できない理由で有給休暇の取得を断られた場合、労働基準監督署にも相談ができます。同じく、産休・育休も勤務条件によっては取得できます。該当する人はあきらめずに主張しましょう。

派遣会社との間でトラブルが起きてしまった際の対処法

担当者が対応してくれないのであれば、登録者のための相談窓口を利用しましょう。担当者や派遣先を変更してもらえたり、解決の糸口を探してくれたり、何かしらの力になってくれるかもしれません。電話やメールでの相談もできることもあるため、忙しい人でも利用しやすいです。どうしても派遣会社の対応に納得ができないようであれば、派遣会社を変えてみるのもいいでしょう。

デメリットとして、登録に時間がかかる、必ずしも希望通りの仕事が見つかるとは限らないなどが考えられます。当面の生活費の確保ができているなら、信頼できる派遣会社を探してみてはどうでしょうか。派遣にこだわりのない人なら、パートやアルバイト、期間工など、自分に合った働き方を見つけるのもいいかもしれません。

まとめ

派遣社員によくあるトラブルを紹介しました。派遣先、派遣元、どちらに対してもトラブル起こる可能性があります。派遣社員だからといって、泣き寝入りすることはありません。自分の権利はしっかりと主張し、気持ちよく働ける環境を手に入れましょう。

サイト内検索
記事一覧